ウェディングドレスの違い

これから結婚式を控えているカップルにとって、結婚式は楽しみにしているでしょう。
徐々に準備が始まっている中で、衣装選びは早い段階から行う事が多いです。
日取りによっては既に抑えられているものなどもある為、気に入ったものなどは早めに抑えておく様にしなければいけません。
最近ウェディングドレスも多様化しつつあり、ニーズに合わせていろんなドレスがあります。
挙式の際に着られる純白のドレスは白一色にもかかわらず、デザインや素材感、使用している装飾、ベールやブロー部などの小物などによって雰囲気が大きく異なります。
同じ白でも真っ白から生成りまで幅広くあり、その人の顔写りによって適した色目が異なります。
デザインに関してもふんわりとした豪華さがあるのがプリンセスラインやAラインが一般的にウェディングドレスらしくデザインも豊富につくられています。
その他にもマーメイドライン、スレンダーラインなどは、メリハリボディーラインで、クールな印象になりやすく活発な女性にお勧めです。

最近では和風のウェディングドレスも人気の一つになっています。
帯や着物の柄などが使用されているドレスです。
ドレスの生地が織物や白無垢の様に裾の部分が綿入りになっているデザインが多いです。
見た目はドレスですが、着物の華やかさが前面に出ているため、和装でお色直しをしてきたかのような雰囲気になります。
また純白やカラードレスとは異なり雰囲気が違うウェディングドレスとして注目されています。



Copyright © 2014 ウェディングドレスの和と洋の違い All Rights Reserved.